声明文:私が監督したドキュメンタリー映画、「In the Grey Zone」(2012年)と「A2-B-C」(2013年)は、2011年に福島で発生した悲惨な原発事故が、その地域に住む 家族、とりわけ子供たちの生活や健康に与える影響に焦点を当てています。私は政治的中立の立場にいるよう努めており、これらの映画を制作する中で、いかなる政治組 織からも金銭的またはそれ以外の援助は一切受けておりません。私は、いかなる団体 や組織でも、政治的利益のためにこれらの映画を使用することを固く拒否します。また、いかなる形の暴力も強く拒否し、平和的な反対意見にのみ同意します

イアン・トーマス・アッシュ
「A2-B-C」「グレーゾーンの中」監督
2015年3月6日 東京にて

Disclaimer: My documentary films 'In the Grey Zone' (2012) and 'A2-B-C' (2013) focus on the lives and health impacts on families, especially children, living in areas contaminated by the 2011 nuclear disaster in Fukushima. I strive to be politically neutral, and I have never received financial or other support from any political organization for the making of these films. I reject any attempt to use these films for the political benefit of any group or organization. Furthermore, I strongly renounce any form of violence and support only peaceful means of opposition.

Ian Thomas Ash
Director, 'In the Grey Zone' (2012) and 'A2-B-C' (2013)
Tokyo, Japan
March 6, 2015

close